スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

おっきな子供が感じた、おっきなモノ

  •  投稿日:2015-12-04
  •  カテゴリ:ブログ
お腹のコも5ヶ月に入り、やっとつわりも落ち着いてきました。

食事をして抜け胸焼けすることも減り、食欲が少しずつ戻りつつあります。
つわりの時に限って、無性に食べたくなったんですよ。
てんぷら! ラーメン! バイキングに行きたい!!
ムカムカする胃をさすりつつ、グルメ番組にくぎ付け。
「いつか私も食べられるようになる!その時こそ、お腹いっぱい食べるんだー!!」
これを合言葉に、つわりのつらさを越えたようなものです。

ここ数日ですね。
油モノ、乳製品、外食ラーメンが食べられるようになりました。
食べられるようになってきた今は、本当に幸せ!
元々食べることが好きな私は、それが本当にストレスでした。
今度は食べ過ぎないように注意しないとです。
妊婦さんの体重増加は出産時に大変らしいので・・・。

つわりの時は嘔吐する事も、食事が取れないということは無かった私。
それでも辛い時はありました。
起きていても寝ていても気持ち悪くて、何か食べては辛くて布団に潜り込む。
そんな生活を数週間送っていました。
「いつこの辛い生活から解放されるの?安定期はいつなのー!」
カレンダーを恨めしく眺める毎日。
そんな時、実家に帰って泊まる事になったんです。

---いつもと違う?---



今まで実家に帰ると、ご飯を作る担当は私でした。

母はフルタイムで働いてますから、家に帰ってくるのは19時過ぎです。
そこからご飯の支度を、となると遅くなるので私が作っていたのです。
ですから帰った今回も、私がご飯を作るだろうと思っていました。
「食べるのもしんどいのに、作るのは嫌だなぁ」
そう思いながら、吐き気が和らぐミントキャンディーを口に入れて、ノロノロと支度を始めました。
ご飯を炊いて、お味噌汁のだしを取る。
だしの匂いに胸やけしつつも、冷蔵庫を眺めてはなんとか献立を組み立てます。

少し野菜を切っては休み。
冷蔵庫から物を取り出しては休み。
一向に進まない晩御飯づくり。
気がつくと、母が帰って来ていました。
台所に立っている私に、母は驚いたようでした。

「お母さんやるから、寝てなさい。」

「中途半端だけど、大丈夫?」と尋ねる私に

「お母さん、何年主婦やってると思ってるの?あんたよりベテランよ?」
笑って私からエプロンを受け取ると、そのまま何も聞かずに続きを作り始めました。

その瞬間に私は気がつきました。
「いくら自分が年を取って大人になっても、お母さんは幾つになってもお母さんなんだ」と。
そして、
「私はどんなに大きくなっても、子供のままなんだなぁ」と痛感しました。
私は母の愛情と、同じ女性としての労わりの気持ちを感じ、ありがたく横になったのです。
出来上がった夕飯は、私が考えていた献立よりも野菜の種類も多く使われていて、
まさしく私の完敗でした。

---いくつになっても、愛は注がれていた!---



結婚して独り立ちして、私は母から巣立ったつもりでいました。
思春期になれば、誰でも通る反抗期で、何度母の事を煩わしく感じたか数え切れません。
私のやることなすことに助言という名のクチを挟み、
何度イライラしたことでしょう。
「そんな短いスカート履いて!」
「その色よりも、もっと明るい色の方が似あうのに」
「その仕事よりも、こっちの方がいいんじゃないの?」
「私は私の人生を歩いてるんだから、本当に余計なこと言わないで欲しい!!」
心底そう思った時期も少なからずあった私です。
そして、結婚して独り立ちしてからは、ますます自分は母と対等であると思っていました。
「私は違う家庭を作りあげるんだから。もう何も言われることはない!!」


でもね、違ったんですよね。

自分が妊娠してつわりにならなかったら、私は気づかなかったと思います。
母が私に注いでくれていた愛は、小さい頃から変わってなかったんですねー。
受け取る私が変わっていったんでしょう、きっと。
大きくなっていけば、それは当たり前のことなのかも知れません。
でも、今回気づいたことは私にとってとても大きな収穫でした。


私ももうすぐ母になります。

そして私も同じように、子供に愛情を注いでいくと思います。
私が母になれば、私も母のありがたみを益々感じていくと思います。

これからは娘と母という立場と、同じ子育てを経験した女性として。
話が出来るようになるのも楽しみです。
もちろんケンカしたり、煩く感じることも増えてくるのかな。
それもまた、母の愛として受け取っていこうと思います。


私が母になるから、母のありがたみと愛に気づけたように。
もしかしたら普段は気づいていないけど、その立場になったからこそ気付ける事もあるのかも知れないですね。
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 魔法使いになりたい主婦の、のほほーん日記。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。