スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

なかなかどうして。

  •  投稿日:2012-07-14
  •  カテゴリ:ブログ
早速、胃カメラを飲んできました。

周りのみんなからは散々脅され(笑
「飲み込む時にうぇーってなるから」
「鼻からだったらラクだったのにー」
とかね。

いつもかかりつけの先生が消化器系のお得意な先生だったので
その先生にお願いしちゃいました。

ノドの麻酔(ゼリー)を喉の奥にためて。
喉がしびれてきたら、腕に胃の働きを抑える筋肉注射。
反対の腕には鎮静剤を注射。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

やられてる記憶はなくて、気がついたら終わっていてベッドへの移動を
促されていました。

そこからぐっすり1時間。
目が覚めて、先生に詳しい話を聞くと、胃底腺ポリープとやらで
女性に多く、そのうち自然に消えていくそうです。
ガン化もしないとかで、そのままほっといて大丈夫とのこと。


問題はここからでした。
なんとか旦那の待つ家まで帰りついて。
まだ鎮静剤が聞いているので、のぼぼーんとしちゃっているので旦那さんがご飯を
作ってくれました。
そこからインフルエンザみたいに体の節々が痛いし、寒気がする。
お風呂につかって、寝たのはいいんですが
寝汗ダクダク。
2回起きて扇風機つけたりして、んまー寝不足。

やっぱり身体って正直なんですよね。
今回とても実感いたしました。
身体にとって、異物、異液が入ってくると拒絶反応というか
きちんと反応が出る。
熱が出たり、咳がでたりして
「おかしいことになってますねーん」とサインを出します。

きっと、心も正直なはずなんですよね。
自分の思うこと、やりたくないこと、おかしいと感じることがあれば
「それ、ちゃいますねーん」(なぜ関西弁?!)
そう言ってるはずなんです。
ところがそれを私たちは気が付けていない。
もしくは、気がついてるんだけど、気がついてないふりをしたり
言い訳したりして。

そしてそのうちおかしな方向へいったり、
「違う言うてますやーん!気づきなはれや!」と、もっと痛いことがおきたり。


やっぱりおかしいと思うことって、大切なんだろうなー、なんて。
思ってみたり、なんかしたりしてー


とりあえず、何もなくてよかったよ、オイラの胃!!


 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 魔法使いになりたい主婦の、のほほーん日記。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。