月別アーカイブ:2016年04月

2016年04月の記事一覧。毎日をのほほーんと過ごす、ぱんみみの足跡だったりなかったり。

2016-04-29 ブログ
「お父さん、6月で仕事辞めるみたい」数日前に母と話していた時に突然聞かされた父の退職話。父も母も60を過ぎて、正規職員としてではなく契約社員の雇用形態です。ありがたいことに両親ともに元気で職場にも楽しく通っているのは、話を聞いていた伝わってきていました。そんななか、降って湧いたように父の退職話が出てきたのです。突然の話に驚いた私は母に尋ねました。「急に辞めるって、どうかしたの?」「勤めている会社が7月...

記事を読む

2016-04-03 おでかけ
東京も桜の開花宣言が出されました。冬の寒さから春の穏やかな暖かさに、季節も移り変わりが始まっていよいよおでかけ本番!あなたはお花見の予定はありますか?綺麗な桜の下、みんなでワイワイ話をしながら美味しいごはんを食べたり、お花見弁当やスイーツをデパートで、選んだり。期間限定のお弁当やスイーツも、彩り豊かで見ていて、どれにしようか迷ってしまうこともしばしばです。私は桜の花が大好きなので、この季節が大好き...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

生きがいはなんですか?自分と社会の繋がりを見つけるには。

  •  投稿日:2016-04-29
  •  カテゴリ:ブログ
「お父さん、6月で仕事辞めるみたい」

数日前に母と話していた時に突然聞かされた父の退職話。
父も母も60を過ぎて、正規職員としてではなく契約社員の雇用形態です。
ありがたいことに両親ともに元気で職場にも楽しく通っているのは、
話を聞いていた伝わってきていました。
そんななか、降って湧いたように父の退職話が出てきたのです。

突然の話に驚いた私は母に尋ねました。
「急に辞めるって、どうかしたの?」
「勤めている会社が7月から吸収合併されるみたいで、契約社員は契約を切られるんだって。」
お茶を一口飲んでから、母は言葉を続けます。
「お父さん、趣味がないから家に引きこもりそうで心配なのよねぇ」

そうなんです。
父はこれといった趣味を持っていない人。
母から聞いた話だと、仕事が休みの日は部屋でゴロゴロ寝ているか、パソコンで動画を観て
1日の大半過ごしているそうなんです。
年齢も年齢だし、父の再就職というのはきっと難しいでしょう。
となると、心配なのは仕事を辞めた父の過ごし方ですよね。
家には両親と弟が一緒に住んでいますが、母と弟は勤め人。
ですからどうしても日中はひとりで過ごすことになります。
誰とも口をきかず、パソコンで動画を観る日々。
それがこれから先ずっと続いていくんだろうか・・・。
私は父の姿を想像して、思わずぞっとしてしまいました。

社会との繋がりが切れた時



結婚前の話ですが、私も転職のために約半年ぐらい家に閉じこもっていた時期があります。
その時は実家暮らしでしたから、母が出勤したあとに洗濯掃除の家事を請け負いました。
家事が終わるとネットで就活。
毎日ハローワークや求人サイトを覗いていましたが、その作業が終わってしまうと
途端に手持ち無沙汰になるのです。
友人たちは平日勤めの人ばかりだったので、私から誘うことも出来ずにいました。
それでも仕事を辞めた最初の1ヶ月は、とても楽しかったのを覚えています。

「好きなだけ寝ても自由だー!」
「平日に散歩にも買い物にも行けちゃうなんて、素敵!!」
「みんな、今頃働いてるんだろうな、大変だなー。」
まるで小学生の時に風邪を引いて、お休みした日のような気持ち。
みんなが授業を受けている時間に、自分はテレビを見てアイス食べたりマンガ読んだり。
その時の背徳感と優越感が混ざったような気持ちとでもいいましょうか。

でも、楽しいのは少しの期間だけでした。
それからは自分がどこにも繋がっていない、ポッカリと胸に穴が開いたような気持ちが
ブクブクと湧いてくるのです。
「みんな社会と繋がっている。でも私は家にいるだけで、どこにも繋がっていない」
時間が経つにつれて、不安と孤独で心が侵食されていったのです。

父の退職の話を聞いて、私のその時の孤独な気持ちを思い出しました。
「今まで働くことで社会に必要とされていると感じていた父は、これからは一体何を
生きがいや支えにしていくのだろう・・・?」
テレビや雑誌でも良く取り上げられる退職後のうつや痴呆の話も、あながち遠い世界の話では
ないのではないだろうか。
そんな不安も湧いてきます。

自営業の方は個人での努力も必要で大変だと思いますが、定年というものがありません。
幾つになっても自分次第ですが、現役バリバリで働いていらっしゃいます。
しかし会社勤めをしている人は、どうしても年齢で退職になる方が大半だと思います。
社会との繋がりが切れた時、生きがいを見つけるにはどうしたらいいのでしょうか。

好きなことを生きがいにつなげてみる



35ddddd5f53e5169f5f2c2e9e9d43fee_s.jpg


テレビや雑誌などでみかけるのは「趣味を見つける」というフレーズです。
先日テレビで見たのですが、女性は趣味のサークルなどに参加するのも簡単なんですが、
男性は女性に比べてなかなかそうはいかないそうです。
「いまさらサークルだなんて」
「自分のプライドが邪魔をして・・・」
そう答えてらっしゃる方もいました。
確かにわかる気がします。
無理に外に参加するというのも、逆にそれがストレスになってしまっては意味がないと思います。
それなら自分の持っている「好きなもの」の中から範囲を広げてみるのはどうでしょうか?
例えば写真が趣味なら、自分の撮った写真をネットで公開してみる。
自分の生活や趣味をブログで紹介する。
近所でボランティアを募集していたら、週に1度でも、月に数回でも登録しておく。
自分の中で折り合いを付けながら、外へアンテナを向けていく練習をしていくのも
いいかも知れないですね。

現在妊婦の私にも同じことが言えると思っています。
仕事もしていないですし、子供が生まれたらなおさら子供と2人の生活で
社会との繋がりを感じることが今以上に希薄になることは、想像に難くありません。
私も自分にとって「何をすることが生きがいを感じたり、社会との繋がりを感じることが出来るのか。」
自分の「好き」は何なのかを、アンテナを張りつつ見つけてみようと感じました。

写真を撮るのも趣味じゃないし、裁縫も得意じゃない。
料理だって得意って訳でもないしなぁ~。
私の「好き」はなんだろう??
好きなモノ探しをするのも、もしかしたら楽しいことかも知れないですね。
新しい「好き」が見つかるかも?!
スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

心躍る!私のオススメお花見スポット!

東京も桜の開花宣言が出されました。冬の寒さから春の穏やかな暖かさに、季節も移り変わりが始まっていよいよおでかけ本番!
あなたはお花見の予定はありますか?
綺麗な桜の下、みんなでワイワイ話をしながら美味しいごはんを食べたり、
お花見弁当やスイーツをデパートで、選んだり。
期間限定のお弁当やスイーツも、彩り豊かで見ていて、どれにしようか迷ってしまうこともしばしばです。
私は桜の花が大好きなので、この季節が大好き!
毎年自分の好きなお花見スポットがあるので、そこを巡ることで春が来たのを実感します。
今回は東京お花見スポットをご紹介しますね。
もしかしたら、あなたも行ったことがあるかも知れませんね。

私のオススメ!東京のお花見スポット


目黒川


川の両側に桜が植えられていて、とても綺麗ですよー。



平日でも川沿いにあるお店の店頭でビールやワイン、おつまみなどを売っていますし
花見客も多いところです。
ここ数年は夜もライトアップされていて、夜桜見物にいらっしゃる方も多いと聞きます。
目黒川沿いをペットの散歩コースにされている方もいるので、
ワンちゃんを連れてお花見している姿もよく見られます。
桜が散っている頃に行くと、花びらが川を埋め尽くして花筏が見られますよ。
(花筏とは水面に散った花びらが連なって流れているのを筏に見立てた語です)
さながらピンクの絨毯で、見ていてウットリしちゃいます。
散り際の桜も綺麗ですからね。
ワンシーズンで2度楽しめる場所なのではないかと思います。

市ヶ谷~靖国神社~千鳥ヶ淵


JR総武線の市ヶ谷から飯田橋に残る、皇居の外堀沿いに桜があります。
電車に乗っていても見えるので、知ってる方も多いのではないでしょうか。
人によっては歩く距離が長いと感じられるかも知れませんが、
この外堀から靖国神社まで行くと靖国神社の桜も見れますよ。
このコースはお花見スポットのハシゴができちゃうので、オススメです♪
そのすぐそばには日本武道館で有名な千鳥ヶ淵。
千鳥ヶ淵の桜はテレビのお天気中継などでも
お馴染みですね。
こちらもとても綺麗ですから、ウォーキングついでのお花見なんていいかも知れないです。

新宿御苑


都会の真ん中とは思えないくらいに静かで、のんびり出来る公園です。
私は新宿御苑が大好きなので、四季を通じて通っています。
春は桜、初夏は薔薇、秋は金木犀や銀杏、冬は落葉。
季節によって表情を変える、なんだか女優さんのような公園です。
新宿御苑のHPにも載っていますが新宿御苑の歴史は古く、
江戸時代、信州高遠藩主内藤家の屋敷があったこの地を、明治39年に新宿御苑として
作りかえました。
皇室の庭園として造られましたが、戦後、国民公園となり、
多くの人の憩いの場として親しまれています。
プラタナス並木が美しいフランス式整形庭園などがあり、
数少ないわが国の風景式庭園の名作とされているそうです。
新宿御苑はソメイヨシノだけでなく、八重桜もとても綺麗なところです。
ソメイヨシノを見逃したとしても、綺麗な八重桜に癒されると思います。
こちらは、バラの時期もとても素敵な場所です。
ただ、お花見シーズンは来園者も多く、入場までにものすごく時間がかかる場合がありますので、
時間に余裕を持っておでかけくださいね。
私はデパ地下でお弁当とスイーツを買って、家からレジャーシートを持っていくのが定番。
天然の芝生が広がり、素足で歩けるのでとても気持ちがいいんですよ♪
注意点は入場料を払っての入園になりますし、アルコールやボール等の遊具の持ち込みは禁止と
されています。
厄介なのはカラス。
目を光らせて美味しいものを狙っています!
飲食物やコンビニ等の袋を出しっぱなしでその場を離れるのはオススメしません。
お茶を買って帰ってきたら、サンドイッチがごっそりない!なんてことも。

井の頭公園


JR総武線、京王井の頭線の通る街、吉祥寺にある大きな公園です。
池のまわりに桜が植えてあって湖面に映る桜も綺麗です。
こちらにはスタジオジブリで有名な「ジブリ美術館」や「動物公園」もあります。
そのせいでしょうか、ファミリー層や近くの大学に通っているであろう、大学生のサークルのお花見客が多い印象が私にはあります。
池には手漕ぎボートやあひるボートに乗れるので、
池から桜を見るなんて粋な遊び も出来ます。
デートでボートに乗って、桜を見るなんて素敵ですよねー!
噂ではこちらの池に祭ってある神さまが弁天様なので、カップルで行くと弁天様がヤキモチ妬いて
お別れしちゃうカップルが多い・・・なんて話を耳にしたこともあります。
真偽のほどはともかくとして、住みたい街ランキングでも上位に入る吉祥寺を、
お花見ついでに探検してみるのも楽しいですよ。

谷中霊園~上野公園


JR山手線日暮里駅から徒歩6分。
15代将軍徳川慶喜、俳優の森繁久彌、日本画家の横山大観などの著名人も眠る静かな霊園です。
霊園なのですが一般の人も普通に散歩できちゃいます。
私は初めて行った時、大変驚いた記憶があります。
それは、お墓の中でお花見している人が多いんです!
もちろんお酒も嗜んでらっしゃったので、とっても賑やかでした。
お墓でお花見しているのが、私には衝撃的だったので、ものすごく印象に残っている場所です。
でもお花見の宴会をしたくなるくらい、桜はとても綺麗ですよー。
私は霊園を抜けて、上野公園までお散歩しました。
上野公園も博物館や動物園もあるし、アメ横もそばにありますからとても賑やかな場所です。
その時の気分で谷中銀座へ行っても、上野公園へ抜けるのもいいと思います。

自分のお気に入りスポットを見つける楽しみ



ざっと幾つか挙げてみましたが、ご存知のところが多いのではないでしょうか。
他にも福山雅治さんの歌で有名になった「桜坂」(実は港区と大田区、2か所あるんですよ)や
駒込の六義園、巣鴨の雑司ヶ谷などもあります。
自分の行ける範囲や、行ったことない場所を開拓するのも楽しいですよね。
私はまだ王子の飛鳥山公園や、浅草の隅田川沿いには行けていないので、いつか行ってみようと思っています。
美味しいお弁当やスイーツを片手に、心地よい春の風に誘われてのおでかけは、とっても楽しい思い出。
夜桜見物は風邪をひかないように、お気を付けくださいね♪
今年はどこに行こうか、私も今からワクワクしています。
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 魔法使いになりたい主婦の、のほほーん日記。 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。